お知らせ

国内12店舗目の『脳梗塞リハビリセンター』、赤坂に開設
生活期リハビリの研究・研修センターを併設し、
リハビリロボットや様々なリハビリ器具の体験も可能

2018年11月15日

リハビリおよびヘルスケア事業を展開する株式会社ワイズ(本社:東京都港区代表取締役会長兼CEO:早見泰弘、以下ワイズ)は、2018年11月15日に、同社12施設目となる保険外リハビリ施設『脳梗塞リハビリセンター』を赤坂に開設する。赤坂センターは、これまでどおりのマンツーマンリハビリ施設としての機能に加え、研究・研修センターを兼ねており、生活期リハビリについての知見を高めるため内外向けの研究会の開催や、リハビリロボット・様々なリハビリ器具を体験できるショールーム機能を果たしていく。
また、今後、同社が2020年度中に国内の直営事業所を25施設に拡大し、直近5年間で500名の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等の採用に取り組んでいく研修拠点ともなる。

『脳梗塞リハビリセンター』の特徴

医療機関を退院後も脳梗塞や脳出血など脳血管疾患後遺症に苦しむ方々を対象に、鍼灸、理学療法士による施術、運動トレーニングを組み合わせた、「完全マンツーマン オーダーメイド 保険外リハビリサービス」を提供している施設です。完全マンツーマンで行う1回2時間のリハビリプログラムは、個々の症状や目標に応じた改善計画をしっかり立てて進めます。週2回以上の通所リハビリと、担当セラピストが設定する自宅での自主リハビリ課題をしっかりこなすことで短期での目標達成をサポートしています。

『脳梗塞リハビリセンター赤坂』詳細

所在地東京都港区赤坂2-12-10 HF溜池ビルディング1階
アクセス「溜池山王駅」より徒歩2分、「赤坂駅」より徒歩5分
開設日2018年11月15日(木)
営業時間リハビリ施設: 平日9:00-19:00(最終受付18:00) ※祝日営業
申込方法[予約専用電話番号] 0120-251-108 にて要事前予約
初回体験5,000円(税別)/1回120分(初回カウンセリング+マンツーマンリハビリメニュー体験)
ホームページhttps://noureha.com/
その他広さ: 35.7坪(118㎡) ★リハビリエリア=20坪(66㎡)
人員配置: 理学療法士2名、 鍼灸師1名、 トレーナー1名

リハビリロボット・機器体験
これまで病院では利用できたけれど生活期リハビリにて取り扱う場の少なかった機器や、生活期リハビリにおいて有効と考えられる機器を選定し、随時入れ替えながら体験できる場となっています。
ロボットやリハビリ器具の体験は、それぞれの後遺症の状況により向き・不向きもあるため、事前予約及びカウンセリングの上、実施可能です。

リハビリ研究・研修センター
セラピスト向けの実技形式の研修、生活期(慢性期)リハビリ講習会、サービス研修等を実施。
年間延べ600名程度の内外のセラピストの集う場となります。


『脳梗塞リハビリセンター赤坂』センター内の様子 ①

溜池山王駅・赤坂駅からのアクセスがよい立地です。リハビリ施設としての機能と研究研修センターを兼ねています。

それぞれ独立したカウンセリングルーム、鍼灸ルーム、STルーム、リハビリスペースを配備し、パーソナルなリハビリを行える環境を実現しています。
自宅などの環境に合わせた歩行訓練をするために、畳、フローリング、絨毯を再現した床を用いて歩行訓練も行えます。

『脳梗塞リハビリセンター赤坂』センター内の様子 ②

リハビリロボットや様々なリハビリ器具が体験できます。

① RE-Gait® : 脳梗塞、脳出血など脳卒中の片麻痺による外転歩行、分回し歩行、骨盤引き上げ歩行といった異常歩行の問題に対して、正常な歩行を脳に再学習させることで、歩行機能改善を図るリハビリロボットです。

② IVES® : 脳卒中の運動麻痺や筋力低下などで動きにくくなった手の動きを改善させるために用いる電気刺激装置です。利用者自身の随意運動を電気の力で介助します。

③ ゲイトジャッジシステム: 装着するだけで、装具装着者の歩行を客観的に評価できる歩行分析計です。エビデンスに基づいたリハビリをサポートする器具です。

本件に関するお問合せ先
株式会社ワイズ(Y's,Inc.)  担当:井堂(いどう)
TEL:03-5542-0785
〒104-0041 東京都中央区新富2-7-4吉本ビル5階 https://ys-j.co.jp/

ページトップへ