お知らせ

「RE-CARE JAPANアワード2018」ヘルステック部門で銀賞を受賞しました。

2018年7月27日

RE-CARE JAPANアワード2018 受賞の様子

「RE-CARE JAPANアワード2018」にて、当社が運営する脳梗塞リハビリセンターのリハビリサービスが銀賞を受賞しました。

このアワードは公的保険外「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」を実現しているサービスの周知と保険外サービス発展を目的として開設されました。

日本の医療・介護政策の第一人者で、地域包括ケア産みの親と言われる慶應大学名誉教授の田中滋先生はじめ、審査委員の方々には業界に精通した方々が顔をそろえております。

今後も社会に評価していただけるサービス創りに邁進してまいります。

RE-CARE JAPANアワード2018

審査委員

埼玉県立大学理事長、慶應義塾大学名誉教授田中 滋
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授辻 哲夫
和光市保健福祉部長東内 京一
株式会社ミナケア代表取締役、医師、MBA山本 雄士
桜美林大学老年学総合研究所 所長、
国立長寿医療センター理事長特任補佐
鈴木 隆雄
シルバーサービス振興会常務理事中井 孝之
株式会社クラブビジネスジャパン代表取締役古屋 武範
株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門
戦略コンサルティンググループ
マーケティング&イノベーション戦略クラスター
マネージャー
紀伊 信之

RE-CARE JAPANアワード2018 受賞の様子

RE-CARE JAPANアワード2018 受賞の様子

ページトップへ