事業紹介

ワイズのリハビリテーション = 社会のニーズをとらえたリハビリプログラム

ワイズの事業における脳血管疾患分野での医療連携

ワイズの事業は、病院を退院後のリハビリを求める方々に対し、
介護保険型だけでなく、自費型も合わせたリハビリテーションサービスの提供を通じ、社会にとって新しい価値の創造を目指しています。

脳血管疾患特化型リハビリ施設

脳梗塞リハビリセンター

脳梗塞リハビリセンターは、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患に特化し、病院でもデイサービスでもないまったく新しいリハビリサービスを提供する施設です。

ホームページはこちら
特徴1

およそ2時間の
完全マンツーマン対応

およそ2時間の完全マンツーマン対応

2時間程度の充実のボリュームで、完全マンツーマンリハビリを行います。

リハビリはその「質」と「量」が非常に重要とされています。完全マンツーマンのため、利用者さまおひとりおひとりによって異なる症状、マインド、その日の状況まで把握しながら無理なくみっちりとリハビリを適切に進めていくことが可能です。

特徴2

脳梗塞リハビリの専門家
(スペシャリスト)による
オーダーメード
リハビリプログラム

脳梗塞リハビリの専門家(スペシャリスト)による
オーダーメードリハビリプログラム

脳梗塞リハビリセンターのスタッフは、鍼灸師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、トレーナーといった脳梗塞後遺症リハビリを知り尽くしたスタッフが各々の専門スキルを活かし、チーム全体としてリハビリにあたります。

利用者さまの目標に合わせて短期~長期のリハビリプランを計画し、改善状況によってその都度計画を修正、再計画していく「オーダーメード」プログラムは、まさに他にはない手厚いリハビリサービスと言えます。

特徴3

ADL改善だけでなく、
個々の症状や
目標(職場復帰など)に
対応したリハビリメニュー

ADL改善だけでなく、
個々の症状や目標(職場復帰など)に対応した
リハビリメニュー

一般的なリハビリは、ADL改善をひとつの指標としていますが、脳梗塞リハビリセンターでは、その先にある個人が実現したい具体的な目標まで見据えたステップアップを目指します。

職場復帰をはじめ、「趣味をまたやれるようにしたい」「また旅行にいけるようになりたい」など、利用者さまごとに目標はさまざまです。

長期的な目標から逆算し、改善計画を一歩ずつ進めていくための計画を立て、改善を諦めたくない方々のお気持ちに応えることを目的としたリハビリを進めていきます。

「リハセン式」活脳プログラム

脳梗塞リハビリセンターが提供する「リハセン式」活脳プログラムは、
丁寧なカウンセリングにより、ひとりひとりの症状や目標について把握し、脳を活性化させるアプローチによって、
3~6ヶ月を目処に改善を目指したオリジナルプログラムです。

初回体験・カウンセリング

リハビリプログラムを実際にご体験いただきます。
リハビリと併せて評価を行うことで、症状が起きている仕組みと実施すべきリハビリの方向性をプランニングしご提案させていただきます。

リハビリテーション

鍼灸

WHOでも効果が認められている鍼灸を、利用者さまの体調を見極めて施します。

脳・感覚を刺激し、後遺症の緩和を狙うだけではなく、身体全体の不調の緩和(むくみ、筋緊張の緩和、冷えなど)へのアプローチも行い、身体全体のバランスを整えます。

PT・OT・ST

運動を健側で補うという発想にとどまらず、患側も含めたアプローチにより体全体のバランスを整え、機能改善を図リます。

利用者さまの状態や目標も加味し、手技だけでなく認知神経的リハビリアプローチも行います。高次脳機能障害には言語療法も行います。

トレーニング

自宅ではできない器具も用いたトレーニング、リハビリを通じ、覚え直した動きを定着させるために必要な筋力・体力をつけます。

麻痺により崩れたバランスを考慮し、体幹を中心に症状に併せて必要な部位を鍛えます。

再評価・再設計

リハビリ状況をカウンセリングシートに記載し、計測データをストックします。
定点的にご利用者さまへフィードバックし、今後のリハビリ方針を相互理解のもと進めていきます。

3~6ヶ月を目処にした改善を目指す

ケーススタディ

脳梗塞リハビリセンターのリハビリを通して、さまざまな症状、年代、背景を抱える人たちが、効果を実感していただいています。

CASE:01T様 (46歳・女性)

  • 診断名脳出血右片麻痺
  • 要介護度4
目標
「職場復帰したい(調理師)」 「車やバイクを運転したい」
目標
「職場復帰したい(調理師)」
「車やバイクを運転したい」
発症日 2014年2月21日
初回通所日 2015年5月15日
症状 入浴動作に介助を要する
利用状況 週1回
リハビリメニュー 鍼灸・PT・ST・運動トレーニング
Br-stage 4-4-5
改善データ5m歩行

【初回】杖+装具歩行可11秒(18歩)
⇒【4ヶ月後】フリー歩行可9秒(14歩)

現在職場復帰できた(飲食店接客)

CASE:02I様 (68歳・男性)

  • 診断名脳挫傷左片麻痺、高次脳機能障害
  • 要介護度3
目標
「杖使用による職場復帰」 「難しいだろうがゴルフをしたい」
目標
「杖使用による職場復帰」
「難しいだろうがゴルフをしたい」
発症日 2014年5月22日
初回通所日 2015年7月27日
症状 移乗、更衣動作などほとんどのことに介助を要する
痙縮に加え、病態失認、注意障害、半側空間無視、記憶障害(1日前の事を忘れる)による認知的操作、運動機能低下を認める
利用状況 週3回
リハビリメニュー 鍼灸・PT・ST・運動トレーニング
Br-stage 3-2-3
改善データ5m歩行

【初回】歩行不可⇒【1ヶ月後】介助歩行48秒(24歩)
⇒【3ヶ月後】監視歩行69秒(31歩)
⇒【4ヶ月後】監視歩行45秒(24歩)

現在パターが打てるようになった

CASE:03K様 (78歳・女性)

  • 診断名脳梗塞右片麻痺
  • 要介護度1
目標
「杖を取って小走り出来る様になりたい」
目標
「杖を取って小走り出来る様になりたい」
発症日 2014年10月21日
初回通所日 2015年5月21日
症状 入浴、トイレ動作に介助を要する
利用状況 月1回の短期集中プラン(5日連続)
リハビリメニュー 鍼灸・PT・運動トレーニング
Br-stage 5-5-5
改善データ5m歩行

【初回】歩行可8.2秒(14歩)
⇒【5日後】小走り6秒(14歩)

現在小走りできるようになった

医師の推薦

特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長
株式会社ワイズ 社外取締役
医学博士
上 昌広 特任教授

1993年 東京大学医学部医学科卒業
1993–95年 東京大学医学部附属病院 内科研修医
1995年 東京都立駒込病院 血液内科医員
1999年 東京大学大学院医学系研究科修了
1999–01年 国家公務員共済組合 虎の門病院 血液科医員
2001–05年9月 国立がんセンター中央病院 薬物療法部医員
2005年 10月 東京大学医科学研究所 特任教授
2016年 4月 特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長。
星槎大学共生科学部客員教授。周産期医療の崩壊をくい止める会事務局長、現場からの医療改革推進協議会事務局長。

私は「脳梗塞リハビリセンター」に
大きな期待を寄せています。

「脳梗塞リハビリセンター」には、多くの熱意あるスタッフが集っています。彼らのもと積み上げられる実績は、脳梗塞の後遺症のリハビリ技術に関するエビデンスの提供に大いに役立つことでしょう。

研究の成果を利用者の皆さん、多くの患者さん、関わるスタッフ、社会とともに分かち合っていきたいと思います。

長崎大学 名誉教授
長崎市障害福祉センター長
医学博士
穐山 富太郎 名誉教授

1936年 長崎県に生まれる。
1961年 長崎大学医学部卒業。
1984年 長崎大学医療技術短期大学部教授。
2001年 長崎大学医学部保健学科教授。
2002年 長崎大学名誉教授、長崎市障害福祉センター長、医学博士。
長崎大学医学部講師、長崎県立整肢療育園々長を経て、現在に至る。

その存在価値は大きく、
今後の社会的役割に
大きな期待を寄せています。

学的リハビリ、職業的リハビリと並行させて社会的リハビリに取り組むトータルリハ(total rehabilitation)アプローチが理想的なリハビリのあり方ですが、いつまでも健康で自分の足で歩き、第二、第三の人生を歩む。そんな社会を創ることを理念とする「脳梗塞リハビリセンター」はいわば「社会的リハビリ」を目指しており、その存在価値は大きく、今後の社会的役割に大きな期待を寄せています。

医療法人社団 鉄医会 理事
医療ガバナンス学会 理事長
医学博士
久住 英二 理事長

1999年 新潟大学医学部卒業
1999年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院にて内科研修開始
2005年 同 血液科スタッフ
おもに成人の造血器悪性腫瘍に対する臍帯血移植の臨床開発に従事
2006年 東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携部門 客員研究員
2008年 JR立川駅のエキナカにナビタスクリニック立川を開設、現在に至る。

脳梗塞リハビリセンターが
この世に生まれたことは
大変意義深いと考えます

私の外来に通院されている方で、デイサービスに通ってリハビリテーションを受けている方はいらっしゃいます。しかし、その内容はレクリエーションのレベルであり、日常生活能力改善に向けての積極的なリハビリテーションを実施している施設はほとんどありません。

脳梗塞リハビリセンターでは「もっと機能を回復させたい」という方に、鍼灸も組み合わせて、集中的にリハビリテーションをおこないます。身体や認知機能が改善すれば、要介護度が低下します。そうなると、この取り組みは、介護保険における慢性期リハビリテーションのあり方に一石を投じることになります。

今後、高齢社会のインフラとなるべく、日本全国に展開して欲しいと期待しています。

ご利用実態

利用者数の推移

2014年9月に1号店である本郷センター開設以来、口コミや病院、ケアマネージャー様のご紹介も徐々に増えてきており、利用者数は増加傾向にあります。

症状

片麻痺が9割近くを占めていますが、同時に言語障害、注意障害など高次脳機能障害を併発されている方、もしくは単独で発症されている方も通われています。

年代

70代以降の介護保険利用者層だけではなく、40代~60代の働く世代の方々が多くを占めています。

発症からの期間

発症後180日以内の回復期の方が17%となっている一方、慢性期における機能改善を諦めない方々が数多く通われています。

利用者の所在地

1都3県を中心に全国からご利用いただいております。日本国内だけではなく、中国、ドイツなど海外からはるばるお越しいただいています。

リハビリ&フィットネス型デイサービス

アルクル

アルクルは、「いつまでも自分の足で歩く」ことをテーマに、介護予防・運動機能改善のためのリハビリ型デイサービスです。

ホームページはこちら
特徴1

レクリエーションではない、本格的なトレーニングで 機能改善を図ります。

レクリエーションではない、本格的なトレーニングで 機能改善を図ります。

アルクルは、機能改善を目的とした非レクリエーションのリハビリ型デイサービスです。

プロスポーツの世界から介護予防まで、幅広いトレーニングに用いられる機材を用いて、体力のない方でも楽しく続けやすいリハビリプログラムを提供しています。

特徴2

柔道整復師がボディケアで体の疲れを取り除き、
継続的なリハビリを実現します。

柔道整復師がボディケアで体の疲れを取り除き、
継続的なリハビリを実現します。

国家資格者であり、身体のメンテナンスのプロである柔道整復師が、トレーニングの都度、溜まった疲労をボディケアで取り除きます。

疲労を翌日に残さず、トレーニングに耐えうる体づくりを行うことで、運動が苦手な方でもリハビリが継続しやすい環境を整えます。

柔道整復師とは?

運動学、リハビリテーション医学を含め、総合的な知識・技術研鑽の結果を国家から認められた資格です。

1.解剖学 4.病理学概論 7.外科学概論 10.柔道整復理論
2.生理学 5.衛生学・公衆衛生学 8.整形学科学 11.関係法規
3.運動学 6.一般臨床医学 9.リハビリテーション医学

改善データ

運動リハビリにおける改善事例

CASE:01I様

  • 要支援1
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
太ももの筋肉をつけて膝の痛みを取る
長期目標
階段をスムーズに登り降りする
項目 開始時 経過後
握力 27kg 27kg
23kg 24kg
開眼片足バランス 0.78秒 3.89秒
5秒 2.41秒
歩行(5m) 歩数 11歩 10歩
秒数 6.75秒 6.9秒
ローイング 61kg 64kg
ヒップアブダクション 45kg 53kg
レッグエクステンション 32kg 46kg
レッグプレス 50kg 69kg

CASE:02S様

  • 要支援1
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
筋の柔軟性アップ/股関節の可動域アップ/上肢を振って歩くことができる
長期目標
歩幅を広くしてより安定した歩行ができる
項目 開始時 経過後
握力 20kg 21kg
22kg 23kg
開眼片足バランス 5.4秒 11秒
3.66秒 13秒
歩行(5m) 歩数 11歩 10歩
秒数 9.07秒 5.7秒
ローイング 27kg 35kg
ヒップアブダクション 25kg 34kg
レッグエクステンション 27kg 33kg
レッグプレス 49kg 57kg

CASE:03K様

  • 要支援1
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
筋肉のバランスを整える
長期目標
体の傾きをなくす
項目 開始時 経過後
握力 3kg 19kg
3kg 21kg
開眼片足バランス 3秒 7.75秒
4秒 5秒
歩行(5m) 歩数 17歩 14歩
秒数 10秒 7.59秒
ローイング 12kg 20kg
ヒップアブダクション 25kg 40kg
レッグエクステンション 26kg 34kg
レッグプレス 29kg 41kg

CASE:04F様

  • 要支援1
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
体のバランスを意識して、運動を行う
長期目標
膝の周りの筋肉をつけ、膝の痛みを和らげるふらつきをなくす
項目 開始時 経過後
握力 23kg 25kg
24kg 24kg
開眼片足バランス - 30.5秒
- 15.6秒
歩行(5m) 歩数 71歩 14歩
秒数 62秒 6.78秒
ローイング 17kg 36kg
ヒップアブダクション 15kg 31kg
レッグエクステンション 12kg 24kg
レッグプレス 27kg 53kg

CASE:05H様

  • 要支援2
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
バランス能力の向上/筋の柔軟性アップ/歩幅を広くして歩ける
長期目標
階段をスムーズに登り降りする
項目 開始時 経過後
握力 14kg 15kg
18kg 15kg
開眼片足バランス 3.72秒 10秒
1.64秒 5.1秒
歩行(5m) 歩数 26歩 25歩
秒数 21.82秒 15.5秒
ローイング 37kg 32kg
ヒップアブダクション 26kg 29kg
レッグエクステンション 17kg 18kg
レッグプレス 49kg 33kg

CASE:06I様

  • 要支援4
  • 訓練期間3ヶ月
短期目標
レッドコードの左手を上げる動作の可動範囲を大きくする/スムーズに動かす
長期目標
左手の動きをよくする/握る力をつける
項目 開始時 経過後
握力 17kg 16kg
1kg 1kg
開眼片足バランス 20.9秒 7.66秒
2.61秒 17.63秒
歩行(5m) 歩数 11歩 10歩
秒数 6.35秒 5.22秒
ローイング 21kg 27kg
ヒップアブダクション 32kg 39kg
レッグエクステンション 24kg 24kg
レッグプレス 42kg 92kg
ページトップへ