お知らせ

株式会社ワイズが総額約3億円の第三者割当増資を完了
~好調の成果保証型リハビリやIT活用による遠隔リハビリなど『保険外リハビリ』事業を加速~

2016年11月8日

リハビリ及びヘルスケア事業を展開する株式会社ワイズ(代表取締役会長兼CEO早見泰弘、本社・東京都中央区、以下ワイズ) は11月4日をもって、既存株主である西武しんきんキャピタル株式会社が運営する西武しんきんキャピタル企業投資2号投資事業有限責任組合、三生キャピタル株式会社が運営する三生6号投資事業有限責任組合の2社に第三者割当増資を実施いたしました。
先月実施した第三者割当増資と合わせて総額約3億円の資金調達を完了したことをお知らせいたします。

大手投資会社6社による一斉資金投資が完了。リハビリ業界初の成果保証型プログラムで生活期リハビリ支援を加速。

ワイズが運営する「脳梗塞リハビリセンター」は、脳卒中後遺症を抱えて自分に適したリハビリを希望する人達にオーダーメードのリハビリを提供しています。
なかでも9月から導入した新プログラム「60日間改善リハビリ」により利用率は当社想定比150%の伸張となっています。この新プログラムは期間中16回まで施設でのリハビリと自宅で課題をこなす自主リハビリを組み合わせたのが特徴で、「短期間に改善計画を達成したい」という利用者の声を組み取り展開を開始しております。効果を実感できなかった場合には料金を返金する「成果コミット(約束)型」など業界に革新をもたらす当社のビジネスモデルの成長が評価されたことが今回の資金調達の背景にあります。

ITを活用した遠隔リハビリなどの導入で全国の脳卒中後遺症で悩むリハビリ難民対策も推進していきます。

ワイズは、施設リハビリ拠点「脳梗塞リハビリセンター」を東京都(4)、千葉県(1)、神奈川県(1)に展開しており、今期中に開設要望の多い埼玉県への初開設、東京都・神奈川県での増設を予定しています。今回の資金調達を機に拠点拡充のスピードをあげるとともに、全国からの問合せに対応すべくITを活用した遠隔リハビリ(現在は言語リハビリの遠隔対応を開始)の整備も加速して参ります。
今後、より一層リハビリ難民・希望者への細やかなニーズへの対応を強化し、事業基盤の安定化を強力に推し進めていく所存です。

本件に関するお問合せ先
「脳梗塞リハビリセンター」に関して
株式会社ワイズ 担当:井堂(いどう)、國浦
TEL:03-5542-0785

ご取材に関して
株式会社アンテナ 担当:佐々田、中島
TEL:03-6891-5733

株式会社ワイズは「リハビリに第3の選択肢を」をモットーに、
これからも医療と介護を補完する位置付けとなる保険外リハビリの普及推進により、
社会問題解決への貢献を推進して参ります。

三生キャピタル株式会社概要
商号三生キャピタル株式会社
設立年月日平成3(1991)年3月
本社所在地東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京オフィスタワー
代表者氏名大橋 伸行
資本金1億円
ホームページURLhttp://www.sanseicapital.com
西武しんきんキャピタル株式会社概要
商号西武しんきんキャピタル株式会社
設立年月日平成15(2003)年2月20日
本社所在地東京都中野区中野2丁目29番10号
代表者氏名榊原 隆
資本金50百万円
ホームページURLhttp://www.seibucapital.co.jp
株式会社ワイズ概要
商号株式会社ワイズ
設立年月日平成26 (2014) 年2月4日
本社所在地東京都中央区新富2-7-4 吉本ビル5階
代表者氏名早見 泰弘
資本金3億4,526万5千円(増資実施後)
ホームページURLhttp://ys-j.co.jp/
ページトップへ