お知らせ

【報道関係各位】 『RE-CARE JAPAN リハビリ・介護産業展2016』取材のご案内

2016年7月22日

超高齢社会/診療・介護報酬削減の時代に求められている保険外リハビリサービスとは

日本初 脳梗塞後遺症特化型完全マンツーマン 保険外(自費)リハビリサービスのご紹介
~『RE-CARE JAPAN リハビリ・介護産業展2016』にて実施~
日 時ブース出展2016年8月2日(火)・3日(水)・4日(木) 10:00-18:00
※最終日は16:00まで
内容脳梗塞リハビリセンターのご紹介
脳梗塞リハビリセンターライセンスパッケージのご紹介
無料セミナー2016年8月3日(水)12:45-13:15
医療と介護サービスの間をつなぐ一つの選択肢保険外
(自費)リハビリの〈脳梗塞リハビリセンター〉
(株)ワイズ 代表取締役会長兼CEO 早見泰弘
場 所東京ビッグサイト 東4・5・6ホール 4H−443

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

脳血管障害特化型リハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」を首都圏で運営する株式会社ワイズ(本社:東京都中央区 代表取締役会長兼CEO 早見泰弘)は、8月2日(火)3日(水)4日(木)の3日間、東京ビッグサイトで開催される、『RE-CARE JAPAN リハビリ・介護産業展2016』にて、「日本初の脳梗塞後遺症特化型 完全マンツーマン 自費リハビリサービス」のご紹介を目的に出展いたします。

報道関係各位におかれましては、是非ご来場の上、ご取材いただきますようご案内申し上げます。

なお、お手数ですが取材ご希望の際にはあらかじめ下記の取材申し込み用紙(PDF)にて、8月1日(月)18:00まで にFAXでお知らせいただきたくお願い申し上げます。

PDFファイルをダウンロード

本件に関するお問合せ先
「脳梗塞リハビリセンター」に関して
株式会社ワイズ 担当:井堂(いどう)、國浦
TEL:03-5542-0785

ご取材に関して
株式会社アンテナ 担当:佐々田、中島
TEL:03-6891-5733

【RE-CARE JAPAN リハビリ・介護産業展2016 について】
介護予防、高齢者リハビリ、介護、認知症対策に関する
新製品・サービスに関する200社が一堂に集結

東京都の発表した「都高齢者保健福祉計画」では、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる平成37年には、東京都内の高齢者の4人に1人に介護が必要となり、支える現役世代(15〜64歳)の35人に1人が介護職に従事するとされています。

『RE-CARE JAPAN』は、高齢者人口の増加に伴い、介護予防や高齢者リハビリテーション、介護のニーズが急速に拡大する中で、このような業界のニーズに応え、本業界のメーカー・卸・販売店・施設関係者等が一堂に会し、活発な商談・取引・情報交換を行うことで、この多様化するマーケットの健全な発展と、超高齢化社会を迎えた日本が世界に向けてQOLの高い介護予防・高齢者リハビリ・介護サービスを発信する場として開催されます。

アクセスマップ

アクセス

りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

ページトップへ